賃貸物件を借りる!収入から考えて一体いくらの物件に住むのがいいの?

賃貸物件を借りる!収入から考えて一体いくらの物件に住むのがいいの?

今回は、お部屋探しをしている方向けに、

“自分の収入から、一体いくらの、

賃貸物件を借りたらいいの?”

って話をしたいと思います。

大学卒業に法務事務所勤務!


筆者は、大学生の時に、

宅建試験に合格したことで、

地元の法務事務所に就職ができ、

法律に関する業務と並行して、

不動産賃貸のお仕事もしていました!

 

そんな、経験から、

収入の何%のお部屋を借りるのがいいの?

って話をしたいと思います!

収入の三分の一が目安は完全に業者事情!


不動産のお仕事をしていると、

”いくらのお部屋がいいんですか?”

って、聞いてくるお客様がいますので、

”一般的には、収入の三分の一程度ですね!”

なんて、言ったりするのですが、

これは完全に業者事情ですね。

 

不動産業者は、お客様からいただく仲介手数料や、

大家さんからいただく、物件掲載料が、

主な収入になるのですが、

これらは、物件の賃料が高いほど

収益も大きくなるのです!

 

もちろん、家賃が低い物件でも、

大家さんからいただく、物件掲載料は高い!

ということはありますが、

お客様からいただく、

仲介手数料は、高くなることはありませんので、

やはり賃料が高い物件を紹介する必要があるのです!

 

ただ、収入の三分の一を家賃に使うのは

正直言って、アホですね…

賃貸物件は安くても全然いいんですよ!


筆者は、札幌で仕事をしていましたので、

札幌を例に話しますが、

札幌の賃貸物件は、安いものだと2万5000円ほど!

高いものだと、10万円以上の物件も普通にあります!

あと、5万とか6万円の物件も多くあります!

 

で、多くはインターネットで物件を見て、

お問い合わせをしてくれるのですが、

4万円台の物件に、

お問い合わせが入ることが多いですね。

 

正社員として働いていて、

収入は17万円ほど…

という方が、割と4万円台の物件を選びますね。

 

まあ、良いとは思いますが、

内心は、そんなに高い物件に住まなくても…

って思っていましたね。

札幌なら3万4,000円〜3万6,000円で良いと思います!


例として、正社員一年目!

という人であれば、34,000円〜36,000円の物件が

最大家賃になると思います!

 

家賃の他に、

ガス・水道・電気代が必要ですので、

家賃と合わせると、

冬場だと5万円以上の支出になってしまいますので、

これ以上は、現実的ではありません!

 

ぶっちゃけ、3万円以下の物件でも良いと思います。

賃料は努力で安くすることはできない!


例えば、電気料金ガス料金なんかは、

節約すれば、請求は低くなりますが、

 

家賃というのは、

例えば、”1週間家を空けます!”

という場合でも、

一ヶ月分の家賃を支払わないといけません!

 

賃料というのは、

努力に関係なく、支払いが発生するものですので、

高い物件を借りる必要なんてないのです。

 

とはいえ、隙間風が酷くて

冬場の灯油使用量が増える…

とか、窓の方角によっては、

”寒すぎる!暑すぎる!”ってことがあって、

違うところで、お金がかかる!

みたいなことはあります。

 

でも、だからと言って、

賃料が高い物件を借りるのは、

賢い選択とはいえません!

まとめ|収入から考えて一体いくらの物件に住むのがいいの?

賃貸物件を借りる!収入から考えて一体いくらの物件に住むのがいいの?
賃貸物件の家賃は、収入の何%にするべき?

というのは、基本は業者の考えですので、

そんなことは考えずに、安い物件を借りましょう!

 

とは言いつつ、

目安は必要だと思いますので、

筆者の考えを書いておくと、

家賃+冬場の電気・ガス・水道料金の合計が、

収入の三分の一以下にしましょう!

 

月収15万円の人であれば、

冬場のガス代(灯油)が10,000円

電気・水道で5,000円なら、

家賃は、35,000円以下ですね。

 

一度物件を借りると、

毎月家賃の支払いが発生しますので、

できるだけ安い物件がオススメです!

 

これから、物件を探す人は、

まずは「スーモ」で、

お住みのエリア、

住みたいエリアの賃貸物件を、

検索してみてください!

 

お部屋を探すなら!:「SUUMO」(スーモ)