社会人に必要なビジネススキル・能力はたった1つだが多くはできない

社会人に必要なビジネス能力はたった1つ、挨拶ができることだ!と、体育会系の男性なら言うのかもしれませんが、挨拶はビジネススキルではなくその人の人間性を評価する1つの指標になりますので、新入社員の方には元気に挨拶はしていただきたいところなんですが、今回の話は社会人に必要なビジネス能力です。

で、その能力ってなんなんだ?という話なんですが、社会人に必要なのはなんでも教えてくれる先生に出会うこと!

先生?

もはや能力ではないのでは?

誰?

Google先生に決まっています。

社会人に必要な能力はGoogleで調べる力

グーグルを使って解決する能力
社会人に必要な能力というのはわからないことをGoogleで調べ、即座に正解を導き出し、あたかも最初から自分はできますよ!知っていますよ!というようなことが出来る能力なのです。

大学の新卒採用で働いた会社での体験談

筆者が大学を卒業し、最初に就職した時の話を少ししたいと思います。

どのような会社であったのかというと、大手司法書士事務所の中の不動産部門に配属の社員になります。

で、どのようなお仕事をしていたのかというと外国人向けに不動産を売る!もしくは、日本でお部屋を借りたい!という外国人との間に入って通訳なんかをする…というようなお仕事になります。と言っても通訳をするのは筆者ではなく筆者の上司で、筆者のお仕事というのは基本的には準備!準備!準備!です

準備?

準備というのは物件情報や説明資料をまとめ、外国人の方とお会いした時にスムーズな取引ができるような準備になります。また、契約後の請求書を作成したり、不動産部門のウェブサイトの管理・デザイン・運営なども同時に行っていました。

具体的にどのような仕事なのかというのはうまく説明できませんが、なんでも屋さんみたいなお仕事になります。

知らないことばかりでいちいち聞いてられない!

不動産部門と言っても上司と私だけの部門になりましたので、わからないことはすべて上司に聞きなさい!という感じだったのですが、その上司…フランス人です。ボンジュール…です。

上司は他の部門も兼用していましたし、日本人の考え方とは違う…海外式!

海外式?

日本の企業というのは一から優しく丁寧に指導してじっくり育てましょうね〜という考えですが、自分の能力ですべて乗り切れ!というのが海外式です。

ということで、知らないことがあっても知らないとはなかなか言えない世界…。そんな時に、最も頼りになるのはGoogle先生なのです。

ある時、請求書を作って取引先に送っておいて!

ある時、上司に請求書を作って取引先に送っておいて!と、言われました。

当然私は、そんなの大学では教わっていない!教えてくれ!

とは言わず、了解しました!と、答えました。

と言っても、何もわからない!

何がわからないのかって?

  • 取引先にメール連絡する時ってどんな感じでメール打つの?
  • 消費税って請求額に含めるの?それとも請求額に上乗せするの?
  • 請求書のフォームがないんだけどどうやって作るの?
  • 請求書ってメールだけじゃなく郵送するのかな?

とにかく全然わからない!だって、新人社員なんだぞ!

とは言ってられませんので、速攻でGoogle先生に聞いて解決!外国人というのはどのように答えを導き出したのか?ということはあまり気にしませんので、とにかく正解に最短でたどりつけば全然OKなのです。

新入社員の筆者は上司の指示をすぐにメモして、その殴り書きしたメモに書かれているキーワードをGoogleで検索!当時はFacebookを常にオンラインにして、わからないことはすぐに知っていそうな誰かに聞く!なんてこともしていました。それでもわからないことは、上司に聞く!という感じなのですが、上司の判断が必要なこと以外はほぼ自己解決!(様々な手段を使って!)

世の中というものは、インターネット上に転がっている情報で大概解決ができるのです。

スクリーンショットの撮り方は必須で覚えておけ!

スクリーンショットの画像
社会人に必要な能力はGoogleを使って知りたい情報を最速で見つける能力ですが、筆者が社会人の時にこれはよく使ったな〜ということを1つ教えたいと思います。(もちろん、このこともGoogleで調べればすぐにできます。)

それがなんなのか!

パソコンでのスクリーンショットの撮り方です。

これできますか?

スクリーンショットというのは、閲覧しているパソコンの画面を撮る技で、スマホであれば結構パシャパシャ撮っている人がいると思いますし、ボタンの押し間違いをして音を出してはいけない場所でスクリーンショットを撮るカメラ音がなってしまった…なんてこともあると思います。

で、このスクリーンショットというのはビジネスシーンでものすごく多用するのです。

どんな時に使うのかというと、例えば仕事でわからないことがあった時に社内スカイプ等で上司に”〜がわかりません!”と、メッセージを送ると思うのですが、その時に一緒に画像を添付する時にスクリーンショットが便利ですし、社内で使う資料を作成する時にグラフや統計データを自分で作るのではなく、すでにあるものをスクリーンショットで撮影して、その画面を使うとかなり効率よく資料作成ができるのです。

言葉で説明をするよりも、画像を送り”見て!”とした方が自分も相手も時間を無駄に取られなくて済みますし、情報が画像データとして残りますので自分も相手も何度も読み返せる。

社会人に必要な情報はすべてインターネット上にある!

社会人にとって必要な情報はすべてインターネット上にあるのです!

社会人に必要な能力というのはその情報を素早く、しかも正確に正しい情報を見つけ出すという能力なのです。

と言っても全ての社会人に必要な能力だというわけではなく、営業職や自分の力で頑張っていかなければならない!というような職場で働く方は必要だと思います。

どうやったらその能力が身につくの?

とりあえず、パソコンを持っていない人はパソコンを買えばいいのかな…そして、スマホではなくパソコンを日常的に使えば…何も問題は無いのかなと思います。

社会人に必須の名刺管理アプリ

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ
Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ
開発元:Wantedly, Inc
無料
posted withアプリーチ

PR|何かと役に立つ資格を取るならフォーサイトで!


 

資格取得のための通信講座フォーサイト【公式サイト】

 

・0から1を生み出せる人間に!与えられるだけの人生なんて送るなよ!
・全て捨てた!ポイントカードを一枚も持たない男の考えとそのメリット
・女子レベルが向上すると評判のスマホアプリのまとめ【厳選13アプリ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!