リゾバ住み込み派遣でブラック企業へ|最もきつい体験談を覆す口コミ

リゾートバイト(リゾバ)住み込み派遣ではブラック企業に派遣される・・・なんてことがあります。そして多くの元リゾバ経験者がブログで”リゾバ派遣で行ったホテル・旅館はひどい職場だった、想像と全然違った・・・”なんて記事を書いたりしていますが、果たしてその口コミ・体験談って事実なのでしょうか。

今回は、あるブロガーが書いた『リゾートバイトのきつい体験談を暴露!超絶ブラック労働な旅館で2ヵ月間働いた話』という記事を少し補足してみたい考えています。というのも、この記事を読むとリゾバ住み込み派遣なんて絶対にやるかっ!という内容になっているからです。もちろん、上記の記事の内容は・・・すべて事実です!なぜなら、実は筆者もその・・・派遣先で働いたことがあるからです。さらに時間軸でいうと、上記の記事を書いた方が働き始める3ヶ月くらい前に勤務していたのです。

ブラック企業は九州のとあるホテル


まずそのブラック企業がどこにあるのかというと九州にあります。(今はブラック企業なのかはわかりませんが・・・)どの県にあるのかを言ってしまうと、ホテルがバレてしまう可能性がありますのでこの辺はザックリと話しています。どのようなホテルなのかというと、朝・昼・晩一日中バイキングを運営しているホテルになります。低価格を売りにしていますので、とにかく毎日たくさんのお客さんが来客するというようなホテルになっています。それでは、筆者がそのホテルに派遣されるまでの経緯を簡単にご紹介したいと思います。

アルファリゾートで住み込みリゾバ派遣をする!

その当時私が使っていたリゾバ派遣会社は・・・リゾバ業界で最も高時給案件が豊富な派遣会社で有名な「アルファリゾート」になります。というのも筆者はその当時、海外留学をするためにとにかく貯金を貯める!という目的でリゾバ住み込み派遣をしていましたので、収入第一だったのです。ちなみに、筆者は「ヒューマニック」→「アプリリゾート」→「アルファリゾート」→「アプリリゾート」と派遣会社を乗り換えてリゾバ派遣をいたしました。なお、最終的に「アプリリゾート(はたらくどっとこむ)」で2年間のリゾバ生活を終えたのは、「アプリリゾート」が他の派遣会社に比べて総合的なサービス面で頭一つ抜けているからです。「アプリリゾート」について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧になってみてください!

筆者はその当時、九州に行きたかったことからアルファリゾートの方に九州の求人を紹介していただきました。求人はいくつかありましたが、ヒューマニック・アプリリゾートに比べるとかなり少ない・・・と言う印象でした。それでも、九州に行きたい!と言う気持ちが勝りましたので、ベテランリゾバスタッフである私は派遣先ならどこでもいいだろう!という軽い気持ちで応募し採用をいただいたのです。

ちなみに後日談になりますが、その時紹介された求人のうち半分は・・・ブラック求人です。ブラックと言っても何を基準にブラックと思うかは人それぞれですが、派遣社員が次々に辞めてしまう会社と言えば良いでしょうか。ちなみに、筆者はアルファリゾートを使って5社のホテル・旅館でリゾバ住み込み派遣を行いましたが、3社がブラックでした。リゾバ派遣を終えた人は口々に”死んでもあの職場にはもう行きたくない!”と言っています。

ただし、ホテル業界ではサービス残業が当たり前ですし離職率もかなり高いため、リゾバとはそういうところで働くものだ・・・という覚悟を持って応募すると良いと思います。

アルファリゾートは、時給が高く求人もある程度揃っているからおすすめですよ〜何て言われますが、大手派遣会社である「ヒューマニック」や「アプリリゾート」があまりリゾバ派遣社員をホテル・旅館に紹介したくない・・・というような求人を扱って、こんなにも求人がありますよ〜と言っているようなものですので強くおすすめすることはできません。(中には、良い求人や独占求人もあります。)ただし、リゾバ経験者であればアルファリゾートでも問題はないと思いますし、何よりも稼げます。さらに言うと、ヒューマニックやアプリリゾートを選んだとしても、そのブラック求人が混ざっていますので時給が安い派遣会社を使ってブラックに派遣されるよりは、自分の運を信じてアルファリゾートを使う!という考えもあるとは思います。

以下にブラック企業に派遣されてしまい、辞めたい・・・という方向けに、リゾバを派遣期間満了前に辞める方法と辞める上で何か問題はあるの?なんてことについて書いてみたいと思います。

※記事が完成いたしましたら、こちらに掲載したいと思います。

時給に関してはどうなってるの?

その九州の職場の時給は、ヒューマニック<アプリリゾート<アルファリゾートでヒューマニックとアルファリゾートの差は100円以上もありました。その当時、派遣先にはヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートのスタッフがいましたが、ホテルの待遇はどの派遣会社を使っても同じでした。派遣スタッフは当然職場で時給の話をいたしますので、ヒューマニックで派遣をしている人はみんな不満を口にしていました。また、時給が原因で辞める人や派遣期間を3ヶ月間から1ヶ月間に短縮する人もかなり多かったのも事実です。

ブラック企業に派遣される!の前に、派遣会社選びも重要になってくるということです。時給重視で派遣先を選ぶならアルファリゾートですが、絶対にブラック企業に派遣されることだけは回避したいのなら、アプリリゾート・ヒューマニックがを選ぶと良いでしょう。(中でも、おすすめは「アプリリゾート」)でも、「前払いで制度」で受け取れる給料が一番高いのは・・・「ヒューマニック」なのです。ということで、初めてのリゾートバイトでは人によってはヒューマニックの方が良い場合もあるのです。以下に、派遣会社3社の比較記事と「前払い制度」って何?とうことについて説明した記事を掲載したいと思いますので、ぜひご覧になってみてくだい。

 リゾバ住み込み派遣で高額貯金を貯めた20代の... 
リゾバ住み込み派遣で高額貯金を貯めた20代のリゾバ口コミ・体験談
https://mannakakko-rizoba.com/rizoba-hikaku
フリーキャリアで生き抜く台湾在住真ん中っ子男子の知恵袋

ブラック派遣会社の食事について


話をブラック企業に派遣された内容に戻します。ブラック企業の食事は弁当(おかず)と冷凍ご飯という話ですが、この内容は事実で九州のホテルではおかずと冷凍ご飯でした。ただし・・・これは夕食の話です。夕食に関しては作る時間がないため、冷蔵庫に入っているおかずと冷凍ご飯を食べて〜という風になっていましたが、昼食は日替わりの食べ放題でした。そのため、毎日温かい食事を腹一杯食べることができたのです。

売店でパンとかも買えるんだよ!

また、寮の隣にお土産屋さんがありそこでパンや和菓子などを購入することができたのです。そのお土産屋さんは従業員向けにも商品を揃えていましたし、従業員は社員割引き(2・3割引)で商品が買えました。賞味期限の近いパンなどは、ほぼタダでもらうこともできましたので筆者は食事に関してはそこまで不満では無かった・・・です。

最寄駅のコンビニまで30分!

最寄駅のコンビニまで30分というのも事実でした。そのため、バスを使うと片道・・・いくらだったかは忘れましたが、往復で1,000円くらいかかってしまうほど不便でした。が・・・社員寮が街の方にありましたので、コンビニやスーパー・ドラックストアに行きたい場合は、誰でも良いので社員を捕まえて”車に乗せろ〜”と言えばみんな送ってくれたのです。

朝の営業が終わった後みんなで昼食をワイワイ食べ、社員さんが休憩のためにお部屋に戻る・・・車に乗せてもらって街に行けば良いのです。幸い、この職場では朝だけの勤務の日もありましたので、帰りは1人で好きな時間に帰って来ても良いし、午後出勤の社員さんを再び捕まえて、ホテルまで乗せて〜と言えばタダで寮まで帰って来れたのです。ということで、立地的にはかなり不便でしたがどうしようもないくらい不便というわけでは無かったのです。

職場にかなりキツイ人がいてみんな辞める!


実は九州の職場にはかなりきついスタッフがいたのです。その方は、実質二番手・・・なのかな?基本的にホール内でいろいろと指示を出したりなんやらしていましたが、その人と一緒に作業をするとかなり大変で私自身もこいつのやり方最悪やん!と、思っていました。ただ、その人よりも一歩先に先手先手で作業をすると不思議なことに大して気にならなくなったのです。

どの職場にも1人はきつい人がいる!

基本的にはどの職場にも厳し社員は1人2人はいるものなのです。もちろん、そのホテルは1人ではなく大部分が腐っていましたが、仕事をきちんとしている人は何も言われないのです。今の人はブラック企業!とすぐに言いますが、本当のブラック企業というのは休みがない、サービス残業、ゴミのように扱われ、なんのために仕事してるんだ・・・そんな企業のことです。

その職場は休みに関しては月に5回くらいしかありませんでしたが、半日出勤だけの日もあって休める時間がありましたし、残業代がきちんと支払われたことから月に23万円くらい稼げました。みんな疲れていて1つのミスでイライラしてしまう人が多くいたような気がいたしますが、決して全ての人が悪い人というわけでは無かったように感じます。

ちなみに、そのきついスタッフは現在退職いたしました。もっと言うと、その職場のホールのトップも退職いたしました。

実は私が勤務している時に、内部紛争的なことが起こったのです。ホールスタッフのトップに関して言うと10年以上のキャリアがあり、社長さんにも認められていた人物でしたので、いずれ経営にも関わることになる・・・だろう人物でしたが、私が勤務している時に退職届を提出し潔く身を引いたのです。その後の職場環境はわかりませんが・・・おそらくですが良くなっていると思います。というのも、会社経営においては良い人材を集めることよりも悪い人材を排除することの方が劇的に職場環境が良くなるからです。残されたスタッフが全員新入社員・・・ということではありませんので、会社が潰れるほど悪化するということはなく、徐々に回復傾向にあるのではないかと筆者は思うのです。

全く同感!ゴキブリ部屋に住ませんな!

寮に関して言うと個室で一部(トイレ・洗濯機)が共同となっていました。寮はお土産屋さんの隣(女子寮)と少し下ったところに男女共同の寮がありましたが、お土産屋さんの隣にある寮は、倉庫の二階をなんとか人が住めるように改築したようなお部屋でした。一階が食品などを保管しておく倉庫になっていましたので、当然虫が寄り付き二階の女性陣が住むお部屋ではゴキブリとムカデが大量発生していたのです。

その女子寮は男子禁制で監視カメラも設置されていましたが、当時の女性スタッフと男性スタッフは大変仲が良かったため普通に出入りが出来、筆者が女子寮のお部屋を見た感想はというと、普通のお部屋という感じでした。下にある別の寮よりも若干広い気も致しました。と言っても下の寮でもゴキブリが大量に発生していて、茶色いゴキブリではなく黒々としたゴキブリがウジャウジャ・・・いたのです。筆者も3回もお部屋でゴキブリに遭遇してしまい死にかけました。

ちなみに、寮ではありませんが食事会場でもゴキブリが普通に出ますので、お客様が食事をしている時にゴキブリを倒しに向かって〜というインカムが飛んできますし、ゴミ捨てをするときには必ずゴキブリが”こんにちは”してきます・・・

温泉に関しては入り放題!


温泉に関しては清掃の時間以外は、基本的にはいつでも使って良い!という感じでした。温泉はホテルの大浴場を使う形でしたので、毎日疲れを癒してくれ・・・ました。

退勤した後に派遣スタッフと一緒に温泉に行き、これまでのリゾバ経験やこれからの進路などについて話せました。リゾバ派遣をしている人は何かの目的のためにお金を貯めている!なんて人がほとんどですので、面白くない人なんていないのです!温泉に入った後は、飲み物を買ったりアイスを食べながらだらだらする時間が意外にも至福の時間だったりも致します。

寮でみんなで食事したりできるの?


※上記の画像は「アプリリゾート」が気合を入れて作った、リゾバ住み込み派遣の紹介ページからお借りいたしました。興味のある方は、ぜひご覧になってみてください!「あなたはどちらのタイプ?オタクorリア充」

リゾバ派遣で上記のように寮で異性と一緒に鍋パーティーができるのかというと・・・出来ます。リゾバ派遣ではお部屋で宅飲みが出来ない派遣先も中にはありますが、筆者の経験では大概出来ます。また、禁止している職場でも寮に管理人さんがいなければ無視して出来ます。社員にバレて辞めさせられる・・・なんてことがあったらどうするんだ!と、思う人もいると思いますがリゾバスタッフは人手が足りなくて運営ができないホテルにヘルプで行くものですので、飲み会をしたリゾバスタッフ全員を辞めさせるなんてことは不可能なのです。もちろん、無駄に怒られることはあるとは思いますが・・・

カセットコンロは2,000円くらいで買えますし、ホテルに使っていないものがあればそれを勝手に使う・・・なんてことする強者も中にはいます。まあ、とにかく飲み会はできますので全くつまらないリゾバ生活をする・・・ということはあまりないと思います。

ただし、集まったメンバーによっては全く楽しくないということもあるとは思います。

異性の女性とワンチャンはあるの?


筆者の経験ではリゾバ派遣をしている人の多くは派遣期間中に同じリゾバスタッフと恋愛をするようです。これは、ブラック企業だから無い!なんてことはなく、人間なら誰しも異性を求めてしまうものなのです。ちなみに、ブラック企業で働いた方が女性とのワンチャンはあるように感じます。というのも、人の心理として共通の敵があると心がより強く結びつくからです。

また、ブラック企業に勤めていて不満を言わない人はいませんので、お互いに仲間意識が強くなるのです。

恋人を作るためにブラック企業に行く!なんて考えを持つ必要はありませんが、どんな境遇であっても何かを得ることができるのがリゾートバイト住み込み派遣なのです!

まとめ|リゾートバイトでブラック企業に派遣された!

リゾートバイトではかなりきついホテル・旅館に派遣されることがあります。今回ご紹介した九州のホテルに関して言えば、筆者自身は耐えられないほどの職場ではありませんでしたが、他の職場に比べると働きにくい上に寮が汚くて最悪でした。ただ、リゾバ住み込み派遣は3ヶ月間耐えれば自由になれますし、筆者はその派遣会社で3ヶ月間働きましたので手取りで言うと・・・約70万円の収入を得ました。月々の支払いを引いたとしても50万円ほどは貯金ができましたので、そのお金で新たな挑戦をすることができたのです。

どうしても辞めたい!

リゾバ住み込み派遣ではどうしても辞めたい!という時は、実は辞めれます。

辞め方に関しては別の記事で詳しく書きたいと思いますが、期間満了でもらえるはずの交通費さえ放棄すればすぐに辞めることができるのです。ブラック・ブラックと言っても、リゾバ派遣スタッフをしている時点でブラック企業とは無縁なのです。なぜなら、リゾバ派遣スタッフは仕事をするのも辞めるのも自由だからです。辞めたくても辞められず苦しみ続ける・・・なんてことはありませんので、ブラック企業に派遣されることを考えるよりも、自身の明るい未来を考えながらお仕事をするのがいいのかな・・・と、筆者は思うのです。

最後にリゾバに関する100の質問とその答え

最後に、リゾバ派遣に関する100の質問を筆者が考え、答えてみましたのでぜひこれからリゾバ住み込み派遣をするという方は参考にしてみて下さい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







リゾバweb説明&派遣会社ランキング



リゾートバイトのweb説明とリゾートバイト派遣会社についてまとめた記事になります。
【リゾートバイト派遣会社大手3社比較】リゾバの口コミ・評判・特徴